”果物+野菜”が含まれているのがグリーンスムージー、含まれていないのが青汁と言えます。

MENU

グリーンスムージーと青汁の違い

グリーンスムージーってどんなもの?

よく「青汁」と「グリーンスムージー」にそこまで違いがないと感じている人もいるかもしれませんが、中身が全く違うということを理解しておきましょう。

 

グリーンスムージーとは、「野菜+フルーツなど」をミキサーで混ぜ合わせた飲料のことを指します。基本的には緑黄色野菜などの「色の濃い」野菜を使うため、見た目が青汁っぽくなってしまうので、人によってはそこまで変わらないと感じる方も多いように思います。
沢山の野菜を摂取することができるので、腸内環境を改善する効果、ホルモンバランスの安定など、多岐に渡る効果が期待できます。

 

青汁の場合は「青汁の元となる原料」を使って商品にしているため、グリーンスムージーとは違って果物や他の野菜などが混ざっていません。そこが決定的な違いとなります。

 

もっとわかりやすく言えば、「果物+野菜」などが含まれていないものが青汁といってもいいでしょう。※商品によっては混ぜ合わせている一部例外はあります

 

手間や作りやすさはどっちが上?

人によっても違いはあるとはいえ、明らかに楽なのは「青汁」です。
グリーンスムージーの場合は材料を切ってミキサーで作らないといけないので、青汁に比べて若干の手間があります。
初心者の人や、これから始めたいという人にとってはネックになる部分でしょう。

 

青汁の場合は、基本的には水と混ぜ合わせるだけで手軽に飲むことができるので、非常に簡単で続けやすいのが特徴です。

青汁の人気の割りモノは?

 

おいしさの違いはどっちが上?

混ぜ合わせるものによって違いますが、青汁に比べてグリーンスムージーの方が果物などを混ぜ合わせるので美味しさは上でしょう。
また創意工夫によって味のバリエーションを広げることができるのもグリーンスムージーの魅力となっています。

 

どちらを飲んでも健康面では優れた効果を発揮することは間違いありませんが、青汁とグリーンスムージーの違いについて理解を深めておきましょう。