乳幼児にとって、青汁の生産地や青汁が作られる過程で含まれている有害物質も危険です。

MENU

乳幼児に青汁は危険?!

最近の青汁では一部例外はあるものの、基本的にどれだけ健康食品だといっても青汁を飲ませるということはやめましょう。

 

実際にアメリカでは乳幼児に関しての事件等が様々起きています。
大人が飲んで安全なものですが、小さいお子様に飲ませる場合は細心の注意をしておくことが必要です。(特に乳幼児)

 

 

一体何が問題なの?

極端に言えば、青汁に含まれるものではなく、青汁の生産地、あるいは青汁が作られる過程で含まれている有害物質が問題となっています。
この有害物質は小さいお子様の体調を悪化させたり、様々なトラブルを引き起こすので注意しましょう。

 

また商品によって違いますが青汁にはカフェインなども含まれている場合があるため、乳幼児に飲ませるというのは大変危険です。

 

そして一番重要なのは「消化機能」が未発達だということです。
つまり、青汁を飲むことで消化不良を起こし、便秘やその他の深刻なトラブルになるケースがあるので注意しておきましょう。

 

稀に乳幼児でも青汁を飲ませても問題ないというような記事がある場合がありますが、「個人差」に関わらず乳幼児への青汁は大変危険です。
万が一の可能性もあるので、青汁を飲ませる場合は慎重に行いましょう。
それ以外にも乳幼児のアレルギー問題等もありますので、青汁を上げる際は様々なことに注意を払う必要があります。小さいうちに上げなくても、多少歳を重ねてから上げるほうが何倍も安全です。

 

どうしてもあげたい場合はどうしたらいい?

お子様にどうしても青汁をあげたい場合は専門家への相談が最もオススメです。
また小さいうちから何かしらの症状があるお子様に限っては青汁を与えるということは何かしらのリスクが発生する可能性が強いので注意してください。
健康食品である青汁はとても素晴らしいものではありますが、小さいお子様に与える際は十分に配慮、注意をすることが大切だということを覚えておきましょう。