青汁ランキング-原材料、割モノ、形状、レシピに人気の青汁探しは当サイトで!

MENU

飲みやすい青汁原材料

昨今の健康ブームの火付け役とも言える「青汁」。

 

身体に良さそうなのは聞くけど、苦くて飲みにくそうなイメージがありますよね。
でも、最近の青汁ってとっても飲みやすくなっているんです。

 

オススメの飲みやすい青汁の原材料を紹介します。

 

 

飲みやすい青汁の原材料ランキングTOP5

数ある青汁の原材料から、青汁初心者サンでも飲みやすいものをランキング形式で発表します。

 

桑の葉
桑の葉

桑の葉は、飲みやすさ№1の原材料と言えるでしょう。
古くから、漢方薬として使われてきた植物です。
桑の葉だけでも、飲めちゃうくらいクセのない味ですよ。
桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシンと呼ばれる栄養素が、糖尿病の予防やダイエット効果があると報告されています。

大麦若葉
大麦若葉

大麦の若葉を原材料に入れると、飲みやすい青汁になります。
クセがあまりなく、小さな子供にも飲みやすい青汁です。
チアミンと呼ばれるビタミンB1が大麦若葉にはたくさん含まれているので、疲労回復やダイエットに効果が期待できちゃいますよ。

明日葉
明日葉(あしたば)

明日葉は、セリ科の野菜です。
加工しないで、そのまま食べることも出来るくらいの野菜なので、明日葉の青汁は飲みやすくて人気があります。
明日葉には、カリウムが多く含まれているので、身体の老廃物を外に出したり、むくみを取る働きがあるとされているんです。

ゴーヤ
ゴーヤ

健康によい成分がたくさん詰まった、ゴーヤを原材料とする青汁です。
ゴーヤという野菜自体に、やや苦みがあります。
青汁の原材料にすると、ゴーヤが苦手な人には、クセがあると感じるかもしれません。
多くの青汁商品では、他の野菜と組み合わせることで、飲みやすい青汁に仕上がっていますよ。

ケール
ケール

キャベツの仲間で、栄養価が高い野菜として注目されています。
苦みの強い野菜ですが、栄養成分が豊富なので、青汁には欠かせない原材料となっているんです。
ゴーヤと同様に、ケール入りの青汁にも飲みやすい工夫がされているので安心ですよ。

 

気になる原材料は見つかりましたか?
思っているより飲みやすいのが、青汁です。

 

一度、チャレンジしてみては?

 

また、どうしても青汁の味が苦手という方は人気割りモノで割ってみてはいかがでしょうか。

 

 

美容にいい原材料

青汁は健康にいいイメージですが、美容にもとっても有効な栄養成分が含まれています。

 

最近の青汁は、飲みやすくなっているので、美容に気を使う人には積極的に飲んでほしいですね。
青汁に含まれる原材料の中で、美容にいいものはどんなものかチェックしましょう!

 

 

美容にいい青汁の原材料ランキングTOP5

特に注目したい青汁の原材料をランキング形式で発表します。

 

ゴーヤ
ゴーヤ

沖縄料理でもおなじみのゴーヤには、美容にいいとされる成分が、数多く含まれています。
中でも注目したい栄養成分は、ビタミンCです。
ビタミンCには、シミやソバカスを防ぐ効果があります。
シミの天敵となるメラニンを抑制してくれているのが、ビタミンCなんです。

大麦若葉
大麦若葉

大麦若葉には、食物繊維が多いんです。
食物繊維って、便秘がちな人にはうれしい成分と言えます。
腸の調子を整えて、便を排出しやすくしてくれるんです。

ケール
ケール

ケールには、ニキビが出来にくい体質にしてくれる効果があります。
ツルツルした肌が、期待できちゃいますね。
他にも、ケールに含まれるビタミンEのおかげで、アンチエイジングにも効果があると報告されています。

明日葉
明日葉

明日葉は、カリウムの含有量が多いことで有名な野菜です。
カリウムが多いと、身体のむくみを取ってくれたり、不要になった老廃物を身体の外に出す働きがアップします。
美容のためにも、早く老廃物を排出したいですよね。

桑の葉
桑の葉

美容を考える上で、アンチエイジング対策は重要なことです。
桑の葉には、抗酸化作用を含む栄養成分が数多く存在します。
抗酸化作用で、お肌の老化を防ぐ効果があるとされているんです。
美容のために、勧んで摂りたい原材料ですね!

 

美容のことを考えると、化粧品などの外からのケアだけでなく、身体の中からケアしたいものです。
でも毎日、栄養バランスがとれた食事は大変。

 

青汁なら手軽で簡単だから、「美」を意識する人にもオススメですよ。

 

青汁を使う人気レシピも参考にして見てください。

 

 

野菜不足にいい原材料

「野菜不足が気になる…。」って感じている人には、青汁は最高の健康食品です。
簡単・お手軽に飲めるのはもちろん、ビタミンなど健康に役立つ栄養成分がタップリ含まれています。

 

野菜不足を補ってくれる原材料をチェックしちゃいましょう。

 

野菜不足にいい原材料ランキングTOP5

青汁に含まれる、どんな成分が野菜不足にいいんでしょうか?

 

ランキング形式で、オススメの青汁の原材料を紹介します。

 

大麦若葉
大麦若葉

大麦若葉には、野菜不足で陥りがちな、便秘を解消する効果がある食物繊維がたくさん含まれています。
腸内の環境を正常にする働きがあるんです。

ケール
ケール

ケールは、ヨーロッパでよく食べられる緑黄色野菜で、野菜の中でも優れた栄養成分をもっています。
ビタミン類の含有量も多く、シミやソバカスの生成を抑制してくれちゃうから、女性にはうれしいですよね。

海藻
海藻

ワカメや昆布、モズクなどの海藻も、野菜不足にいい原材料なんです。
海藻には、カルシウムが多く含まれています。
骨の生成に大きく関係するのが、カルシウムです。
年齢を重ねると、骨が弱くなりやすいので摂取したい成分と言えます。

よもぎ
よもぎ

草モチでもおなじみのよもぎは、野菜不足が気になる人の救世主です。
βカロテンの含有量が多く、アンチエイジングにも優れた効果があると報告されています。

ゴーヤ
ゴーヤ

栄養豊富なゴーヤが身体にいいのは分かっていても、毎日食べ続けるのは大変です。
青汁だと飲みやすく、野菜不足も簡単に解消できちゃいますよ。

 

 

野菜不足を実感するなら、やっぱり青汁!

外食やコンビニ弁当が多いと、野菜不足になりがちです。

 

野菜が不足すると、体内の環境が悪くなってしまいます。
その結果、体調を崩したり、肌荒れとなって現れちゃいます。

 

青汁の原材料は、野菜が多くを占めています。
栄養成分がギュッと詰まった青汁なら、簡単に野菜不足を解消してくれますよ。

 

青汁と相性のいい食べ物と一緒に飲むといいですよ♪